自分に似合う帽子(ハット)について

帽子が似合わないと思って、帽子を被ることを避けている人はいませんか?
それは非常にもったいないことです。
自分に似合う帽子の選び方を知らないだけで、本当は帽子が似合わない人はいません。
また、普段帽子を被らない人が帽子を被り始めると見慣れないため、似合わないように感じることがあります。
それは、新社会人のスーツ姿が最初は似合わないように感じるのと同じで、帽子をどんどん被ることで帽子が似合う雰囲気になってきます。

そこで、帽子選びの参考までに顔型による一般的な帽子の相性について説明します。

あくまでも一般的な話なので、目鼻立ちなど個人の顔のつくりによっても変わってきます。
また自分の頭のサイズにあった帽子を被るようにすることで、より帽子が似合います。

丸型顔

丸型顔な人は比較的帽子との相性がよく、さまざまな種類の帽子が似合います。
その中でも、クラウンの高さがある中折れ帽やボーラーハットがとても似合います。

ベレー帽やハンチングも似合いますが、その際は少しツバを上げて被るとよりバランスよく似合います。

卵型顔

卵型顔な人はもっとも帽子が似合う理想的な顔型です。
高さのある帽子から、高さのない帽子も全て似合います。

また帽子を被るときも、浅く被っても深く被ってもどちらでも似合います。
ぜひ色々な帽子にチャレンジすることをオススメします。

面長型顔

面長型顔な人は、あまり高さがない帽子を選ぶとよく似合います。
平らなベレー帽やハンチングなど、とても似合います。

クラウンが低い帽子を選べばさまざまな帽子も似合います。
このとき、深めに被ることを意識するといいと思います。

帽子で高さを出してしまうと顔とのバランスが悪くなるので気をつけましょう。

四角型顔

四角型顔の人は、ツバが広い帽子が似合います。
顔が大きく見えがちな四角型顔な人は、ツバが狭い帽子を選びがちですが、これはより顔の大きさを大きく見せるため逆効果です。

ベレー帽やハンチングなど平らな帽子はシンプルなものより、ボリューム感のあるものを選ぶといいでしょう。

逆三角型顔

逆三角型顔の人は、比較的ツバの幅が狭くクラウンの高い帽子が似合います。
クラウンが丸いシルエットの帽子は特に似合います。

ベレー帽やハンチングなど平ら帽子を被る場合は、浅く被るとバランスよく被れます。